フリーターの何が悪いの?【種類には3つあってモラトリアム型は危険です】

フリーター

どうも、元フリーターのむぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

ボクは現在、投資やビジネス、フリーでお仕事をしながら悠々自適に過ごしています。

 

いわゆる一般的に副業と呼ばれる種類のことを複数やっていたら、今の生活になったという感じでしょうか。

 

現在フリーターをされている方の中で…。

「いい歳してフリーターなんかしてないで、正社員で働け!」

なんていうことを言われた経験があるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、その考えは本当に正しいの??

と考えることが結構あったりします。

 

ボクからしたらフリーターでダメな人もいるけど、意味のある人生を送ろうと努力されている方も中にはいて、その考えが一概に正しいとは言えないと思っているんですよね。

 

ですので、本記事では『フリーターには種類があり、その種類によっては危険な状況にいる人もいるし、むしろ将来有望の人がいる』ということについて書いていこうと思います。

 

本記事はこんな人に読んでほしい・フリーターで現在不満を感じている方

・フリーターであることで将来の不安が絶えない方

 

スポンサーリンク



フリーターは3種類に分けられる

出典:weban.jp

 

フリーターには『やむを得ず型』『モラトリアム型』『夢追求型』の3種類があるとされています。

 

現在フリーターの方は自分がどのタイプなのかを理解する必要があるかと思います。

 

なぜなら、フリーターの多くは自分自身が今どのような状況に置かれているのかを理解できていない方が多く、現状維持を図ろうとしていることがあるからです。

 

ぜひ、自分と当てはめて考えてみてください。

 

やむを得ず型

この『やむを得ず型』は自分の意志とは関係なく、職場環境が悪かったり、労働市場の悪化により解雇されたりと、本人以外の原因によってフリーターという状況にいる方のことです。

 

または家庭内での問題だったり、病気といった回避することが難しい、唐突に生じるトラブルによってフリーターになっているという方も当てはまります。

 

このタイプのフリーターの方は仕事に対して意欲的であることが多いとされています。

 

モラトリアム型

『モラトリアム型』は明確な目的を持たず、職業に対して展望を持たないまま日々を過ごされている方のことを指します。

 

こういう方は目的がないために、「生活していければよい」という考え方から、融通がきき、かつ気楽さのあるアルバイトという立場を選択していることが多いです。

 

このタイプはどんなに時間を過ごそうが、知識や技術を身に着けようとしませんから、ずっと現状を維持し続けることになると考えられます。

 

夢追求型

現在の若い世代に多いタイプのフリーターです。

 

フリーターであることで会社に雇われることで生じる制約を受けずにプライベートを充実させることができたり、時間の融通がきくというメリットから、あえてフリーターという立場を選択している方たちのことを言います。

 

そして、自らが設定した目標の達成のために時間を使いたいという方がたのことを指します。

 

このタイプは企業で得られるキャリアよりも、自分自身のネームバリューを高めることを意識されている方が多いといえます。

 

スポンサーリンク


フリーターの何が悪いの?

 

他人に迷惑をかけていなければ、他人から文句を言われる筋合いはない。

だけど、将来のことを考えたら悪いことだらけだよねっていう話。

 

正直、自立ができていて、家庭を持っていない方はフリーターのままでもいいかと思います。

 

ですが、フリーターのままだと、将来に対してデメリットが多いといえます。

 

なので、ここでは『将来』という面で悪い理由を書いていきます。

 

ここでは大まかに『金銭的な問題』と『働き口の問題』の2つについて書いていきます。

 

金銭面の問題

フリーターは責任もなければ、専門的な知識や技術が要求される業務はほとんどありませんから、賃金は安くなりますよね。

 

そうなると、生活するために必要なお金を稼ぐのに、とても長い労働時間が必要になります。

 

これは一人であれば問題ないと思いますが、家庭を持った場合には夫婦で共働きをしても生活できなかったり、老後の資金や子供にかかる費用が賄えない可能性もあるのです。

 

なので、フリーターでいると金銭的に考えると家庭を持ちにくいといえるでしょう。

 

また、正社員の場合は基本的には勤続年数が増えれば収入も増えますが、アルバイトの場合はいつまで経っても収入に対して変化はありません。

 

そうなると、社会的な視点から低所得者とみなされますから、フリーター本人は劣等感を抱き続け、肩身の狭い思いをするのではないかと考えられます。

 

むぅチャソ
稼いでいるお金の量は社会的な基準になっていますから、低収入だと周囲への劣等感を感じやすいですよね。

こういった精神面だけではなく、実生活でもシンプルにお金が足りなくなりますから問題ですよね。

 

働き口の問題

アルバイトでの業務は誰にでもこなせる仕事がほとんどです。

 

そういう仕事は基本的には技術に奪われていきます。

 

コンビニの店員だって無人化し始めている国すらありますし、工場では自動化、倉庫作業などはAMAZONの倉庫ロボットみれば分かるように人の手はいらなくなってきています。

 

このように専門知識も技術もいらない業務をこなしている仕事の仕方しかしていないフリーターは、間違いなく近い将来働き口がなくなってしまうわけです。

 

むぅチャソ
アルバイトの業務って数日で覚えられるモノがほとんどですよね。

そんな業務を長い間続けても、IT技術やロボットに奪われて自分ができることがなくなってしまいますよね。

 

スポンサーリンク


『やむを得ず型』は就職活動のやり方を見直す

 

「就職活動がうまくいかなかった…」「以前は職場環境に恵まれなかった…」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そういう方は就職活動時点でやる方を変えてみるとよいかもしれません。

 

もしかしたら、”個人”でネットやチラシ、ハローワークで求人で応募したかもしれません

 

ですが、個人だと「就職先が自分に合っているか」「職場環境が良いのか」が分からないかと思います。

 

それに加えて、就活には”コツ”があり、そのコツを知らなければ内定の可能性が低くなってしまうことがあります。

 

そういった採用から就職後までひっくるめての不安を軽減できる方法が『就職エージェントに頼る』ことなのです。

 

就職活動においてプロであるエージェントが、その人の要望と合った職場を選ぶ手助けをしてくれます。

 

個人では見つけることができない優良な求人、就活テクニックまでエージェントがサポートしてくれるのです。

 

そのエージェント付きの就職サイトでお勧めなのが下の3つです。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

下の記事にこの『就職エージェント』についてまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選
「ニート・フリーターは就職ができない」は嘘。現在ではどんどん『ニート・フリーターに特化した就職サイト』があり、かつ、『転職エージェント』と呼ばれるプロが就職できるまでサポートしてくれるからだ。なので、ここではおすすめを紹介しようと思う。

 

やむを得ずフリーターをされている方は、ぜひ試してみてください。

 

 

『モラトリアム型』は『夢追い型』にシフトさせる

 

よっぽど「正社員として働きたいッ!」というわけでないなら、『夢追い型』にシフトさせるのもアリかと思います。

 

基本的に『モラトリアム型』の人は職業に対して理想を持ち合わせていないです。

 

そして、そういった方がなぜ理想を持てないかというと、そもそも「一般の人と同じ生き方をしたくない」「つまらないことをしたくない」といった考えを持っているんじゃないかと考えています。

 

これは現代の若い世代に多く見られる傾向だとおもうのですが、そういった方々はなんとなくでいいので「自分が成し遂げたい目的」を設定するとよいかと思います。

 

すぐに実現するということを考えずに、長期的に1つのことに向かって努力していくスタイルで行動していくと、一般の人とは違った働き方ができ、ユニークな存在になれると考えます。

 

ですので、フリーターの方で「仕事に対してなんの魅力も感じない」という方は、企業に就職してもやりがいを見出せないかもしれませんので、そう考える方は1つのことを追い求める『夢追求型』になってみるとよいかと思います。

 

スポンサーリンク


ボクが実践したフリーターではなくなった方法

 

ボクはもともとフリーターで、ひたすらアルバイトをしている時期がありましたが、今では比較的自由に生きています。

 

この自由を手に入れた方法が…。

”複数の副業から収入を得る”

だったりします。

 

ここではボクがフリーターを卒業したについて書いていきます。

※決して、ラクで簡単な方法ではありません…。

 

たぶん、ここで紹介するのは『モラトリアム型』『夢追い型』におすすめなやり方かもしれません。

 

生活費を最小限に抑える

 

まずは、家賃は安いところに引っ越して、食費などの節約できるところをすべてギリギリまで落としていました

 

そうすると、”生活に必要な生活費が小さくなるため、働く時間も減らすことができる”のです。

 

こうすると、フリーターの唯一の強みである『時間』を確保することができます。

 

成功するためには「時間がある」ことが重要でして、この時間が有効に使えなければ現状はほとんど変わらないといえます。

 

なので、フリーターがまず考えるのは”時間の確保”なのです。

 

むぅチャソ

ボクのフリーター時代は最寄り駅から自転車で30分以上、家賃は2万円ちょいの少し田舎のアパートに住んでいました。

もちろん、遊びもほとんど行きませんでしたし、電気代をかけないようにエアコン等は全く使いませんでした…。

 

空いた時間で副業をこなす

 

自由に使える時間が確保できたら、その時間を使って”ひたすら副業をこなす”のです。

 

その副業には積み重ねていくことで成果が出るモノを選び、才能ではなく努力で報われやすくすべきだといえます。

 

そして、初めは1つの副業では収入が少なくても、数をどんどん増やしていくと、徐々に収益が見込めるかと思います。

 

そのためには、”圧倒的な作業量”が必要でして、ここで断念してしまわないようにモチベーションを保つ工夫もしておきましょう。

 

成功する秘訣は”成功するまで諦めない”ことである。

 

今のボクだったらコレをやる!

 

ボクはフリーのエンジニア業と投資で当初は自由を手に入れましたが、この方法は難易度は高めです。

 

なので、「今からボクが取り組むとしたらコレをやるよ」というやり方を紹介します。

 

それは…。

アルバイト+『フリーランス』+『ブログ』

です。

 

アルバイトと並行して、フリーランスという個人で稼げる準備をします。

 

そして、継続期間が重要な『ブログ』もコツコツとこなし、ベーシックインカム化を図ります。

 

こうすると、フリーランスは実績を積んでいけば、安定して案件が流れ込んできますし、ブログで稼いだ分だけ働かなくてよくなります。

 

そして、最終的にはアルバイトを辞めて、個人でお金を稼ぐスタイルに移行できるようになるかと思います。

 

フリーランス初心者の方は、パソコンで他人のブログの記事を書く『ライティング』がお勧めでして、すぐに始めることができる時代になっています。

※専門知識は必要なく、大抵はネットで調べながら案件をこなせる。

 

そして、下の3つはサイトで、フリーランスでライティングの仕事がすぐに始められます。

 
クラウドワークス:日本最大級の案件数
 
サグーワークス:ライティングに特化したサイト
 
Shinobiライティング:ライティングに特化したサイト
 

 

また、下の記事にベーシックインカム化の第一歩である『ブログ』を紹介しています。

 

ブログの始め方【エックスサーバーでWordPressを始める!】
「エックスサーバーでWordPressを使ってブログを始める」をテーマに書いています。設定が面倒だと感じるかもしれませんが、意外と簡単です。そんなブログ開設・始め方を初心者の方でもわかりやすくまとめています。

 

まずはこの『フリーランス』と『ブログ』の2本の柱でお金を稼ぐところから始めるとよいかと思います。

 

どちらも、大してコストがかからないリスク低めのビジネスですので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

最後に:フリーターであり続けてはいけない

 

本記事の重要なポイントは下の通りです。

本記事のポイント・フリーターは『金銭』『働き口』の問題が生じる。

・どうせだったら、『モラトリアム型』から『夢追求型』になったほうが良い

・目的がないのであれば、『就職』を目標にすればいい

・複数の副業を収益化できるとフリーターから抜け出せる

 

基本的にいつまで経ってもフリーターでい続けるのはあまりお勧めしません。

 

なぜなら、上でも書きましたが「お金に困り続け、働き口を失う可能性がある」といえるからです。

 

ですので、今はただのフリーターかもしれませんが、それを目標をもって行動に移し、優れたユニークな存在になれるように努めていくことが大切だと思います。

 

目標をもって取り組んでいれば、自分にしかできない働き方も選択できるようになり、いつの間にか理想としていた人生を送れるようになるかもしれませんよ。

 

ですので、ぜひ一歩を踏み出してみてください!

 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント