フリーターの何が悪いの?【種類には3つあってモラトリアム型は危険です】

フリーターの何が悪いの?【種類には3つあってモラトリアム型は危険です】

どうも、元フリーターのむぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

ボクは現在、投資やビジネス、フリーでお仕事をしながら悠々自適に過ごしています。

 

いわゆる一般的に副業と呼ばれる種類のことを複数やっていたら、今の生活になったという感じでしょうか。

 

現在フリーターをされている方の中で…。

「いい歳してフリーターなんかしてないで、正社員で働け!」

なんていうことを言われた経験があるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、その考えは本当に正しいの??

と考えることが結構あったりします。

 

ボクからしたらフリーターでダメな人もいるけど、意味のある人生を送ろうと努力されている方も中にはいて、その考えが一概に正しいとは言えないと思っているんですよね。

 

ですので、本記事では『フリーターには種類があり、その種類によっては危険な状況にいる人もいるし、むしろ将来有望の人がいる』ということについて書いていこうと思います。

 

本記事はこんな人に読んでほしい・フリーターで現在不満を感じている方

・フリーターであることで将来の不安が絶えない方

 

スポンサーリンク

フリーターは3種類に分けられる

出典:weban.jp

 

フリーターには『やむを得ず型』『モラトリアム型』『夢追求型』の3種類があるとされています。

 

現在フリーターの方は自分がどのタイプなのかを理解する必要があるかと思います。

 

なぜなら、フリーターの多くは自分自身が今どのような状況に置かれているのかを理解できていない方が多く、現状維持を図ろうとしていることがあるからです。

 

ぜひ、自分と当てはめて考えてみてください。

 

やむを得ず型

この『やむを得ず型』は自分の意志とは関係なく、職場環境が悪かったり、労働市場の悪化により解雇されたりと、本人以外の原因によってフリーターという状況にいる方のことです。

 

または家庭内での問題だったり、病気といった回避することが難しい、唐突に生じるトラブルによってフリーターになっているという方も当てはまります。

 

このタイプのフリーターの方は仕事に対して意欲的であることが多いとされています。

 

モラトリアム型

『モラトリアム型』は明確な目的を持たず、職業に対して展望を持たないまま日々を過ごされている方のことを指します。

 

こういう方は目的がないために、「生活していければよい」という考え方から、融通がきき、かつ気楽さのあるアルバイトという立場を選択していることが多いです。

 

このタイプはどんなに時間を過ごそうが、知識や技術を身に着けようとしませんから、ずっと現状を維持し続けることになると考えられます。

 

夢追求型

現在の若い世代に多いタイプのフリーターです。

 

フリーターであることで会社に雇われることで生じる制約を受けずにプライベートを充実させることができたり、時間の融通がきくというメリットから、あえてフリーターという立場を選択している方たちのことを言います。

 

そして、自らが設定した目標の達成のために時間を使いたいという方がたのことを指します。

 

このタイプは企業で得られるキャリアよりも、自分自身のネームバリューを高めることを意識されている方が多いといえます。

 

スポンサーリンク


フリーターの何が悪いの?

 

下の記事でも書きましたが、フリーターでい続けることで自分自身の将来に悪い影響を与えることがあると考えられます。

 

ここでは大まかに『金銭的な問題』と『働き口の問題』の2つのフリーターだとどう悪いことが生じるかについて書いていこうと思います。

 

金銭面の問題

フリーターは責任もなければ、専門的な知識や技術が要求される業務はほとんどありませんから、賃金は安くなりますよね。

 

そうなると、生活するために必要なお金を稼ぐのに、とても長い労働時間が必要になります。

 

これは一人であれば問題ないと思いますが、家庭を持った場合には夫婦で共働きをしても生活できなかったり、老後の資金や子供にかかる費用が賄えない可能性もあるのです。

 

なので、フリーターでいると金銭的に考えると家庭を持ちにくいといえるでしょう。

 

また、正社員の場合は基本的には勤続年数が増えれば収入も増えますが、アルバイトの場合はいつまで経っても収入に対して変化はありません。

 

そうなると、社会的な視点から低所得者とみなされますから、フリーター本人は劣等感を抱き続け、肩身の狭い思いをするのではないかと考えられます。

 

むぅチャソ
稼いでいるお金の量は社会的な基準になっていますから、低収入だと周囲への劣等感を感じやすいですよね。

こういった精神面だけではなく、実生活でもシンプルにお金が足りなくなりますから問題ですよね。

 

働き口の問題

アルバイトでの業務は誰にでもこなせる仕事がほとんどです。

 

そういう仕事は基本的には技術に奪われていきます。

 

コンビニの店員だって無人化し始めている国すらありますし、工場では自動化、倉庫作業などはAMAZONの倉庫ロボットみれば分かるように人の手はいらなくなってきています。

 

このように専門知識も技術もいらない業務をこなしている仕事の仕方しかしていないフリーターは、間違いなく近い将来働き口がなくなってしまうわけです。

 

むぅチャソ
アルバイトの業務って数日で覚えられるモノがほとんどですよね。

そんな業務を長い間続けても、IT技術やロボットに奪われて自分ができることがなくなってしまいますよね。

 

スポンサーリンク


『モラトリアム型』から『夢追い型』にシフトさせる

 

ボクからしたら、よっぽど「正社員として働きたいッ!」というわけでない限り、夢追い型にシフトさせたほうが良いのではないかと考えています。

 

基本的に『モラトリアム型』の人は職業に対して理想を持ち合わせていないです。

 

そして、そういった方がなぜ理想を持てないかというと、そもそも「一般の人と同じ生き方をしたくない」「つまらないことをしたくない」といった考えを持っているんじゃないかと考えています。

 

これは現代の若い世代に多く見られる傾向だとおもうのですが、そういった方々はなんとなくでいいので「自分が成し遂げたい目的」を設定するとよいと考えています。

 

すぐに実現するということを考えずに、長期的に1つのことに向かって努力していくスタイルで行動していくと、一般の人とは違った働き方ができ、ユニークな存在になれると考えます。

 

ですので、フリーターの方で仕事に対してなんの魅力も感じないという方は、企業に就職してもやりがいを見出せないかもしれませんので、そう考える方は1つのことを追い求める『夢追求型』になってみるとよいかと思います。

 

 

フリーターをすぐに抜け出したいなら『就職』

 

上で「目標を見つけて努力していこう」的なことを書きましたが、正直目標を設定したことがない方は難しかったりしますよね。

 

それこそ、「個人じゃ無理だと思うから…」という方は、目標を就職にして頑張ってもよいのではないかとも思います。

 

ということで、ここでは就職を目標にした行動について書いていこうと思います。

 

フリーターの方が企業に就職するまでのステップは3つです。

 

就職までの3つのステップ1.現在のアルバイトから職業を選択する

2.専門知識(資格)を入れる

3.就職エージェントに相談する

 

この3つをこなして熱意をもって取り組めば、正社員としての就職も可能だと考えています。

 

ぜひ、試しに取り組んでみてください。

 

現在のアルバイトから職業を絞り込む

 

できれば、フリーターの方は現在のアルバイトの業務の経験が生かせるモノを選択したほうが良いかと思います。

 

そうすると、企業での面接時に「志望動機」や「自分の強み」などの質問に対して、自信をもって抜け目のない返答ができるようになるかと思います。

 

例えば、コンビニのアルバイトであれば、『接客』『レジ打ち』『在庫管理』などから「ドラックストア業界」や「飲食業界」などの職業を洗い出せるかと思います。

 

基本的に企業は実質上の即戦力ではなく、すぐに業務ができるようになるかを考えているところが多いですから、こういったこれまでの経験が生かせる職業を選択すると受かりやすいかと思います。

 

専門知識を入れる

 

上のこれまでの経験が生かせる職業を選べたら、次にできれば専門知識がほしいと思えます。

 

フリーター歴が長いとそれだけ、見方を変える企業さんもありますから、専門知識があると何かと便利だったりします。

 

そして、『専門知識』があるかないかは、結構内定を左右させますから、あって損はないかと思います。

 

ですので、ワンランク上の業務ができるようになるためもそうですし、自分のアピールポイントを増やすという意味でも資格取得が得策かと考えています。

 

この工程はなくてもよいのですが、あったほうが「選べる企業の幅」と「職場でのスタート地点が違う」という点で書いています。

 

現在では国家資格でも全然難易度が低いものもあり、取得しやすいモノもありますから、アルバイトをしながら自分が狙っている就職先で生かせる資格を選び、勉強してみてください。

 

就職エージェントに相談する

 

今の就職や転職では自分で就職活動をするよりも、就職関連の専門家に頼んだほうが効率が良いのは間違いありません。

 

現在ある就職エージェントの中には就職先の紹介だけではなく、面接時の対策や履歴書の書き方まで、就職活動に欠かせない部分のサポートをしてくれるところもあります。

 

そういったところを選択し、就職活動をすれば、比較的簡単に就職が実現する可能性が高いといわれています。

 

ちなみに就活をする際は下のようなフリーターに特化した『就職エージェント』に協力してもらうと就活効率と成功率がグッと上がるかと思います。

 

〇『手厚いサポート』+『厚生労働省に認められている』

⇒ JAIC(ジェイック)

 

〇『高い知名度』+『支援実績が高い』

⇒ ハタラクティブ

 

〇『ITエンジニア職・営業に特化』+『実績』

⇒ ウズウズカレッジ

 

また、下の記事に『就職エージェント』について詳しく書いていますので、読んでみてください。

 

 

興味がある方は登録して、紹介されている企業情報を一度確認してみてください。

 

スポンサーリンク


ボクが実践したフリーターではなくなった方法

 

ボクはもともとフリーターで、ひたすらアルバイトをしている時期がありましたが、今では比較的自由に生きています。

 

サラリーマンの頃からフリーターの頃まで、お金に困り続けていました。

 

ですが…。

複数の副業をこなすことで、まとまったお金が入ってくるようにできました。

 

はじめは家賃は安いところに引っ越して、食費などの節約できるところをすべてギリギリまで落としていました。

 

ですが、今では普通に生活していくのに十分な収入が得られ、金銭面に困らなくなりました。

 

ちょっと胡散臭い感じになってて笑えるのですがw

 

少し考えるとわかるかと思いますが、1つの副業では収入が少なくても、それをどんどん増やしていくと普通に生活できるだけの収入になるのです。

 

ですので、おすすめなやり方として…。

『フリーランス(ライティング)』をこなしつつ、副業で収入が得られるように作りこんでいく

という方法が良いかと思います。

 

副業は実際にボクがやったモノを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

最後に:フリーターであり続けてはいけない

 

本記事の重要なポイントは下の通りです。

本記事のポイント・フリーターは『金銭』『働き口』の問題が生じる。

・どうせだったら、『モラトリアム型』から『夢追求型』になったほうが良い

・目的がないのであれば、『就職』を目標にすればいい

・複数の副業を収益化できるとフリーターから抜け出せる

 

基本的にいつまで経ってもフリーターでい続けるのはあまりお勧めしません。

 

なぜなら、上でも書きましたが「お金に困り続け、働き口を失う可能性がある」といえるからです。

 

ですので、今はただのフリーターかもしれませんが、それを目標をもって行動に移し、優れたユニークな存在になれるように努めていくことが大切だと思います。

 

目標をもって取り組んでいれば、自分にしかできない働き方も選択できるようになり、いつの間にか理想としていた人生を送れるようになるかもしれませんよ。

 

ですので、ぜひ一歩を踏み出してみてください!
↓↓↓クリックしてみてね!

にほんブログ村 就職バイトブログ フリーターの就職・就職活動へ
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それでは、また明日(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ