引きこもりニートにおすすめの仕事【フリーランスで在宅ワークでしょ】

引きこもりニートにおすすめの仕事【フリーランスで在宅ワークでしょ】

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

今回は引きこもりニートにおすすめな仕事『フリーランス』について書いていきます。

 

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク

初めに:無理して家から出て働かなくてもよくね?

 

まず、ひきこもりの方が急に『外で働く』なんてハードルが高すぎるわけです。

 

でも、親に迷惑をかけているなど、自分に現状に後ろめたさを感じていることから、「早く働かないと…」と頑張っているかもしれません。

 

ですが、「外で他人と働くのは、ちょっと…」と一歩が踏み出せない方々が多いかと思います。

 

「なら、無理して外で働かなくてよくね?」

っていうのが、ボクの考えだったりします。

 

なぜなら、『フリーランス』として働きやすくなってきたからです。

 

むぅチャソ
ボクは元々はフリーのエンジニアとして稼いでいた時期があります。

やっていた身からすると、意外とフリーランスでも生きて行けたりします。

だから、無理して外で働かなくてもいいんじゃないかな…って思っているわけです。

※現在は他に収入源ができたのでフリーランス業はしていませんが…。

 

ずっと外に出れなくて悩んでいる方は、『フリーランス』になってみるのもアリだと思っています。

 

もちろん、おすすめするのも、初心者でもすぐに働ける難易度の低い案件もたくさんあるからです。

 

流行りの働き方を一度試してみるのも、なかなか面白いと思うので試してみるといいかもしれませんよ!

 

 

引きこもりにおすすめな仕事『フリーランス』について

 

そもそも「フリーランスってなんぞや?」といった感じで、まったく知らない方もいるかと思います。

 

なので、ここでは簡単に『フリーランス』について説明していきます。

 

フリーランスの意味は下の通りです。

 

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。日本では『自由業』『自由職業』[1]『フリーランス』と呼ばれる。請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサーと呼ばれる。

出典:ウィキペディア

 

つまり、会社に属さず、個人で仕事を請け負う個人事業主のことを言います。

 

なので、企業と自分が繋がり、企業から仕事を直接もらい働くスタイルということですね。

 

「いやいや、個人で働くなんて無理だよぉ…」と考えてしまう方もいるかと思います。

 

ですが、意外と難しくないのが現状だったりします。

 

今なんて文系の大学生がフリーランスとして働いている時代ですから、そこまでハードルを高く思わなくてもよいかと思います。

 

実際、パソコンが使える喫茶店で、私服でパソコンをカタカタやっている人たちのほとんどがフリーランスだったりします。

 

それぐらい今ではフリーランスとして働くことは普通になっているというわけです。

 

周りの人がやっていると思うと「そこまで難しいことではない」と思えるでしょ?

 

スポンサーリンク


フリーランスの代表的な仕事内容

 

ここではフリーランスの方々がしている仕事内容について書いてきます。

 

「これやってみたい!」というような仕事内容であれば、次の章で紹介する『クラウドソーシングサイト』を活用して働き始めてみてください。

 

データ入力

 

”専門知識必要なし”の代表案件『データ入力』。

 

ExcelやWordなどに数字や文字を打ち込む仕事になります。

 

『データ入力』は専門知識がほとんどいらないので、フリーランス初心者の方でもすぐに始められる案件がほとんどです。

 

ですが、専門知識を必要としない分、1つ1つの単価は低いです。

 

なので、案件をこなす数が収入を左右しますので、”キーボードのタイピングの速さ”がとても重要になってきます。

 

ですから、初めは稼げなくても、案件をこなして、タイピングの速度が速くなれば、徐々に収入が増えていくかと思います。

 

なので、フリーランス初心者が個人で稼ぐ感覚をつかむという意味では『データ入力』がおすすめかもしれませんね。

 

ライティング・記事作成

 

”専門的な内容を文字で書き起こす”のが『ライティング』です。

 

クライアントの意図に沿って、ブログの記事や資料を作成するお仕事になります。

 

でも、『専門的』とは言っても、ネットを使えば情報なんていくらでもありますから、調べながら書き起こしていく形になるかと思います。

 

たとえば!

 

・ダイエット関連案件

→〇〇ダイエットのやり方・感想を書く

 

・美容関連案件

→有名コスメのトライアルセットの調査

 

・旅行関連案件

→全国のスポット紹介

 

・投資関連案件

→トレード方法・口座開設のやり方をまとめる

 

主婦や学生の方たちが取り組んでいるのがこの『ライティング』だったりします。

 

なので、特別な専門知識がなくても、経験していくうちに、知識が蓄積されて、効率よくお金を稼げるようになっていくといえます。

 

また、『データ入力』よりも単価が高いので、本格的に『ライター』となり、生計を立てられている方々も少なくありません

 

そして、ライター経験を積んで”自身のブログを持つ”なんていう方もたくさんいます。

 

このように、収益効率が高められることから、自身でお金を稼ぐという意味でも『ライティング』がおすすめかもしれませんね。

 

システム開発

 

”IT技術の専門知識と技術が要求”される『システム開発』。

 

プログラミングの技術がなければ、案件をこなすことはできません。

 

ですから、経験者もしくは独学で技術を磨いた技術者が『システム開発』に取り組みます。

 

なので、もしも「システム開発ができるようになりたいなぁ」という初心者の方は、初めから独学で勉強するのは大変ですからプログラミング教室に参加してから、コツコツ技術を磨く必要があります。

 

そのかいあって、単価も高く、数か月単位で契約する案件もありますから、在宅ワークの中では比較的安定した収入が見込めるかと思います。

 

なので、「手に職だ!」で将来的には企業でも働けるようにしたいという方はプログラミングを学び、フリーランスで経験を積んでみるのもアリかもしれませんね。

 

動画作成・編集

 

最近案件数が増えた『動画作成・編集』。

 

クライアント側が撮った動画に字幕やテロップをつける案件なんてモノも最近は多いんじゃんないかなと思います。

 

そんな『動画編集』は『システム開発』に比べて、専門性も低いです。

 

その分、1案件の単価も低くなりがちですが、これからドンドン動画の案件が増えてくることが予想できそうですから、今から動画編集技術を磨いてみるのもアリかと思います。

 

スポンサーリンク


初心者におすすめな在宅ワークサイト

 

ここではフリーランス初心者におすすめな『在宅ワークサイト』をご紹介します。

 

ボク的にはフリーランスで働き始めるなら『ライティング』がおすすめです。

 

なので、ここでは『ライティング』中心のサイトを3つ説明したいと思います。

 

どれもよいサイトなので、案件に困らないように下のサイトはすべて会員登録をしておくことをおすすめします。

 

Shinobiライティング

出典: Shinobiライティング

ライティング案件に特化したサイトです。

 

特に女性が得意な『美容』『ファッション』『グルメ』があります。

 

ですので、主婦の方にも好評のサイトであることは間違いありません。

 

Shinobiライティングを始める

 

サグーワークス

出典:https://works.sagooo.com/

 こちらもライティング案件に特化した知名度の高いサイトになります。

 

案件ジャンルも豊富でライターさんには欠かせないサイトだといえます。

 

また、その他にも『データ入力』『アンケート』など、フリーランス初心者には丁度良い働き方ができるかと思います。

 

サグーワークスを始める

クラウドワークス

 出典:https://crowdworks.jp/

クラウドソーシングサイトの中では断トツで知名度の高い『クラウドワークス』。

 

『ライティング』はもちろん、『データ入力』『システム開発』『デザイン関連』『コンペ』など、様々な種類の案件が豊富に掲載されているサイトです。

 

また、単発で案件をこなす『タスク』、長期契約を結ぶ『プロジェクト』の2つがあります。

 

この2つの働き方で自分の生活に合わせて働くことができるという実用性に特化したサイトでもあります。

 

なので、初心者から熟練者まで活用できるサイトであるため、フリーランス初心者におすすめだったりします。

 

クラウドワークスを始める

 

最後に:ひきこもりだからこそ、新しい働き方に取り組むべき

 

最近では脱サラしてサラリーマンになるなんていう方がたくさんいらっしゃいます。

 

このことからフリーランスは注目されている働き方だといえます。

 

また、わざわざ会社に勤めてせっせと働くよりも、ひきこもりの方には『フリーランス』といった自由度の高い働き方のほうが良いのではないかとも思っています。

 

少し時間が経ってから気が変わって「会社に勤めたい」と思ったときも、フリーランス経験が活かすことができる可能性もあります。

 

正直、無理して社内で最も低い『アルバイト』という立場から始めるよりも、フリーランスで個人で稼ぐ経験を積んだほうが、アピールの仕方によって企業からの評価も高くなるような気がします。

 

なので、「外で働くのが怖い…」という方は、『フリーランス』になることを検討されてみてはどうでしょうか!

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ