ブログは完璧主義には向いてない【新規記事は完璧を求めなくていい】

ブログ初心者

 

スポンサーリンク



ブログ初心者が更新が継続できない理由

 

ブログ初心者の方はネットでの情報発信に慣れていない方が多いかと思います。

 

「私なんかが情報発信していいのか」とか「このネタって需要なくね?」といった、情報発信への不安感から記事の質にこだわってしまう方って結構いらっしゃるんじゃないかなと思います。

 

もちろん、私もブログを始めたばかりの頃は常々考えていました。

 

ですが、ブログ初心者の方のほとんどは記事の質にはこだわる必要はないといえます。

 

なぜなら、そもそもあなたのブログを見ている人の数は少ないからです。

 

もちろん、ブロガーのスポンサーがついていたり、SNSのツイッターなどのフォロワーがとても多いという方は例外ですが、そんな方はほとんどないですよね。

 

 

正直、ブログを始めてから3か月程度はほとんどアクセスがないかと思います。

 

そして、初心者ブロガーのブログにファンがつくことはまずないかと思います。

 

そうなると、その数人のために記事を更新して3日に1記事なんていうペースで記事を投稿していては、いつまで経ってもアクセスが集められるようにはなりません。

 

ですので、まずは新規記事を投稿するのときに完璧を求めて更新頻度を下げるよりも、毎日更新をできるように心がていくことのほうが重要だといえますね。

 

 

ブロガーをある程度継続していても難しい

 

ブログが継続できなくなるのは初心者だけではありません。

 

例えば、私もブログを初めて数か月ですが記事更新が継続できなくなることがたまにあります。

 

「普通、アクセス稼げるようになったら、記事更新できるんじゃね?」と考える方も多いでしょう。

 

ですが、『ある程度ブログを続けていれば更新なんて楽になる』と考えている方も多いかと思います。

 

ブログを続けていれば継続することに慣れるというのはNO!( ゚Д゚)なわけです。

 

 

有名ブロガーの方も同じ

 

その例に有名なブロガーさんのブログを覗いてみてください。

 

記事更新の頻度が下がっていたり、Twitterの埋め込みだらけになっているという方がなかなか多いのです。

 

割と読んでいて「内容薄いような気がする…」と思うことが結構あるんじゃないかなと思います。

 

 

これは、記事ネタが尽きたというのも原因の1つかもしれません。

 

もしかしたら、ある程度ブログで自動で稼げるようになったから、ブログ以外のことを始めたのかもしれません。

 

 

 

ブログ開設から数か月も特にそう

 

上はある程度のブログ規模を持つブロガーさんの話です。

 

ですが、ブログ開設が数か月の人は別です。

 

私のようにまだまだブログの記事数が少ない弱小ブロガーはまだ書けるはずです。

 

でも、書けなくなってしまう…。

 

 

その理由は、弱小ブロガーでもやはり記事の質にこだわってしまうからなんですよね。

 

 

たぶん、ブログ初心者と呼ばれなくなった方々でも、結構ブログを継続して更新し続けることができなくなってきます。

 

それもアクセスを稼げるようになってから、一気に記事更新がしんどくなることもあります。

 

なぜなら、『自分の書いた記事が他人に見られている』という状況が、「ある程度の記事を書かなければいけない」と考えさせるからです。

 

そうなると、常にある程度の文字数が書けるテーマを探したり、良いことを書こうとして1記事に対して、時間をかけるようになってしまうんですよね。

 

 

私はたびたびこのスランプ状態になりますが、何度も立ち直り、記事を書き続けています。

 

その状態から抜け出すために『「完璧な記事を書かなくてもいいんだ」と心の底から考えるようにする』という方法で立ち直っています。

 

これは簡単のように見えて、意外と難しかったりします。

 

だって、心の底から「完璧でなくていい」なんて、理由がなければ難しいですからね。

 

ということで、下の章から”新規記事は完璧じゃなくてもいい理由”について書いていきたいと思います。

 

これを読んでいただけると、全員とは言いませんが「別に完璧でなくてよくね?(´・ω・`)」となっていただけるかと思います。

 

 

新規記事は完璧じゃなくていい理由

 

ここからが本記事の重要な部分となります。

 

ここでの『新規記事は完璧でなくてもいい理由』は私の経験上から得た主観的な考えなので、正解ではないかもしれません。

 

ですので、参考程度にしていただければと思います。

 

記事更新が面倒になる

 

やはり、1記事1記事丁寧に作っていこうとすると、とても時間と労力を費やすことになります。

 

そうなると、「記事を書くことは労力がいること」と自分の中で考えるようになってしまい、一気に記事作成が面倒に感じてしまうことがあります。

 

そうなると、多くの結果を出しているブロガーさんが言っている「結果を出したかったら毎日更新をするべき」という、ブログで結果を出す条件を満たすことができなくなってしまいます。

 

ですので、ブログの記事を書くことに抵抗を持たないように、自分が許容できる基準程度の記事を投稿していき、たまに良質な記事を書く程度の気持ちで良いのではないかと思います。

※目安として『ボクログ』なんかは、テレビの情報と独自で集めた情報を組み合わせて書かれています。

 

後で修正できる

 

そもそも、ブログの記事って一度書いたらおしまいではないといえます。

 

狙ったキーワードでの、検索エンジンの上位を確認していただくとお分かりいただけるかと思いますが、ほとんどは文字数の量が多かったりします。

 

それでいて、「わかりやすい、読みやすい」といった読者目線で考えられた記事になっていたりします。

 

そういった良質な記事を書くには1度では難しいので、何度も繰り返しリライトをする必要が出てくるといえます。

 

また、ブログを継続していくと書く技術が向上しますから、過去の記事を見て「うわ…こんなお粗末な記事だったんだ」と気づき、書き直すことも増えてきます。

 

こういうことを考えると、1度で完璧の記事を書くことはできないことから、修正する前提で書いていったほうがいいのかなと思っています。

 

 

そうすると、「まぁ、とりあえずこのレベルの記事で投稿しちゃって、気が向いたら修正するか」と割とブログを気楽に運営できるようになると思いますよ。

 

 

キーワードを狙っても上位表示されない可能性があることを意識する

 

ブログを運営をしていると上位にキーワードを狙って記事を作成しても、検索エンジンで上位になるとは限りません。

 

むしろ、ブログを数か月運営しても検索エンジンで上位表示されない可能性のほうが高かったりするわけです。

 

そうなれば、正直いくら完璧に記事を仕上げても日の目を浴びない記事のほうが多くなるといえます。

 

と考えると、記事を投稿してからGoogleウェブマスターツールでキーワードの順位が20番内程度になったら、その記事に肉付けをするなどの方法をして、アクセスが稼げる可能性の高い記事だけに集中して修正すれば良くなります。

 

大抵、需要の高いキーワードは上位になるまでに何か月何年とかかることがありますから、すぐに結果を出せるキーワードから攻めていき、地道にアクセスを稼げるようにしたほうがいいのかなと考えていたりします。

 

 

記事を投稿しないことには始まらない

 

質の高い記事を書いても、低い記事を書いても、投稿をしなければ何も起こりません。

 

文字数が極端に少ない記事などの質の悪すぎる記事はSEO的に逆効果ではあるものの、それ以外であれば、ブログのコンテンツを変わり、良い影響をもたらすことになるでしょう。

 

なにより、何も記事を投稿しないよりも質が悪くても更新したほうがブログの成長に繋がるわけですから、投稿しないにこそたことがないといえます。

 

 

そして、多くの人たちから評価されるブログは毎日更新されているものだったりします。

 

例えば、あなたのブログの記事を読んで「面白いブログだな!」と感じて継続して読もうとしても、更新頻度が短ければガッカリされたりするわけです。

 

そうなれば、ほかの良いブログを見つけた場合、きっとあなたのブログに戻ってくることはないでしょう。

 

なので、週1で質の高い記事を投稿するのではなく、質がある程度の記事を毎日投稿したほうが、読者の方のためになるということですね。

 

 

リライトを繰り返して完璧を目指すべき

 

初めからリライトする予定でいれば、もはやテキトウでも気にならなくなります。

※誤字脱字チェックは忘れずにしましょうね。

 

ですので、まずは新規記事にどれだけのクオリティーを求めるかの基準を考えてみると良いかもしれません。

 

私の場合は「文字が多すぎて読みづらいかな…」という程度の不満だったらOKにしていたりします。

 

逆に「この記事で何が言いたいの?( ゚Д゚)」というモノは投稿してしまって、翌日修正するようにしています。

 

とりあえず、できるだけ記事更新の期間を空けずにブログ運営をすることを心掛けていくことが大切だと思います。

 

 

私の場合は気が向いたときにソファーにでも寝っ転がりながら、過去の記事をスマホで確認して「この記事にこういう内容を加えたほうがよさそうだな」と思えば、そのときリライトするようにしています。

 

ですので、リライトをする前提で新規記事を作成し、気が向いたときにリライトをするというスタイルが私的にはお勧めですので、ぜひ試してみてください!

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント