ブログは儲からない?【1年半以上ブログ運営してきたボクが語る】

ブログ初心者

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

本記事では『ブログは儲かるのか&ブログ運営での気づき』をセットに書いていきます。。

 

ブログを始めようと考えいる方やアクセスが上手く稼げない方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク



はじめに:儲かっていないボクのブログ状況

 

現在、本ブログはだいたい開設してから1年半449記事です。

※これまでに質の悪い記事を100記事程度削除しましたが…。

 

そして、本ブログだけの収益で言えば、約3万円程度です。

※ちなみにボクが運営しているトレンドブログの方が稼げています…。

 

愛着があって、積極的に本ブログを更新していますが、なかなか雑記ブログであるで特化ブログのように結果が出ていません。

 

これを見る限り、他の人だったら「結構ブログに時間を費やすしたのに、コレだけか…」と思うかもしれません。

なので、夢を壊してしまうかもしれませんが、ブログは稼げるまでは割に合わないビジネスになりやすいかもしれません。

 

ちなみにボクがブログを1年間運営したときに書いた記事は下の記事です。

時給がなんと64.7円っていう事実に打ちのめされました。

ブログ開始から1年間の収益を時給換算してみたら悲しすぎた話
どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。ボクは軽い気持ちで「ブログって儲かるんでしょ?」って気持ちでブログを始めました。多分、多くの人がブログを始めた理由がボクと一緒で、結構軽い気持ちだったと思うんです...

 

マジでブログは割に稼げるようになるまでが大変

 

スポンサーリンク


ブログが儲からないのは当たり前

 

「ブログは儲からない」は当たり前です。

そんなのネットやSNSで見てきた『ブログ断念者の数』を見れば分かるかと思います。

※ボクがツイッターを始めたばかりにフォローしていたブロガーさんのほとんどが、ブログ更新をしなくなっているのが現状です。

 

なので、ここではブログが儲からない事実について書いていきます。

 

継続ができない人がほとんどである

 

ブログを運営して1年間も持たない人がほとんどです。

これから分かるように、途轍もなくブログは成果が出づらく、苦行を強いられるビジネスだということが分かります。

 

事実、ブログで稼げている人はほとんどいない

現在で考えても、ブログ飯にありつけている人はほとんどいないんです。

そして、ブログで月に5,000円以上の収益を挙げている人の割合は全体の半分以下なんだそうです。

 

なので、ブログを断念された人はきっと「5,000円稼ぐのに時間がかかるんだったら、バイトしたほうが良くね?」って感じで、割に合うお金の稼ぎ方に切り替えるんだと思います。

※1日バイトしたら5,000円以上稼げますからね(笑)。

 

そう考えるとブログを継続する意味を見いだせなくなる人がたくさんいてもおかしくないですよね。

 

そりゃ、ブログを継続できる人は限られるよねって話

 

ネットの情報に騙されてブログを始めている人が多いのです

結構、ネットの「毎日1時間で月30万円!」みたいなブログに夢を膨らませるような情報が溢れていて、騙されてしまう人がたくさんいるんですよね。

 

それこそ、ツイッターでも「ブログで〇〇万円達成!」なんて報告をして、フォロワーを増やすために嘘の報告をされている方が結構いたりします。

※『similarweb.com』にURLを入れてアクセス数を調べればすぐに分かります。

 

そういう人たちのツイートを見て、「ツイッター見てみるとブログ飯している人いるからやってみようかな!」なんて考えてしまう人がたくさんいます。

そして、ブログを始めた結果、「儲からなん!」と断念する人が結構いるのも、ブログで稼げている割合が低い理由なのかもしれないと推測できます。

 

基本的に、ネットの情報を鵜呑みにするのは良くないですよ

 

自分の好きなことをテーマにしてしまう

 

自分の好きなことを、世の中の需要が一致することは少ない。

なのに、自分の好きなテーマを推し進めてしまうので、儲からないのは当然なのです。

 

 自分の興味と世の中の需要がうまくマッチしない

ブログ運営を長く継続していても、アクセスが上手く集まらないことがあります。

※本ブログなんてまさにそうです。

 

そして、そういうブログは自分の興味のあることを記事にしている傾向にある。

でも、実際ビジネスにおいて重要なのは必要としてくれる人の数なわけで、これが少ないテーマはアクセスを集めづらかったりするわけです。

 

容易に収益化できるイメージのテーマは競合が多い

ブログで結果を出したいのであれば、アフィリエイトを貼って収益化するのが近道です。

ですが、単価が高い広告であるほど猛者たちが争わなければならなくなります。

 

そうなると、長期的に記事を作る作業を積み重ねなければ、なかなか結果が出ません。

そして、なにより結果が出ない状態を続けるという苦行がほとんどの人がブログが継続できない理由なんだと思われます。

 

スポンサーリンク


ブログで稼げるようになる方法【持論】

 

ボクは今のところ、トレンドブログ以外結果が出せていません。

ですが、そのトレンドブログはもちろん、本ブログを運営してきて、ブログにおいて「コレって重要じゃね?」といえる気づきがありました。

 

ですので、現段階でのそれらの気づきをここで書いていこうと思います。

 

ぜひ、初心者ブロガーさんは参考にしてみてください。

 

テーマの選び方から成功するかが決まる

 

ボクがブログを始めた頃は「競合が多いテーマは勝てないからやらないほうがいい」なんて情報をネットで頻繁に見かけたこともあり、あえて専門性の低く、マイナーなテーマから始めました。

 

ですが、今ボクがブログを始めようとする人にアドバイスをするなら、「需要の高いテーマを扱って、大きい市場に飛び込んだほうがいい」というかと思います。

 

実際に需要あるテーマでブログを作ってみた

トレンドブログに近い『健康&ダイエットブログ』を4ヶ月前ぐらいに開設してみたのですが、今では本ブログの約10倍ぐらいのPVをたたき出しています。

※ブログ名や情報はあえて公開しません(怪しかったら信じなくてOK!)。

 

半年ぐらい前に、「4ヶ月でアドセンスだけで20万円の収益が挙げられました!」という報告がツイッターで流れてきたのがトレンドブログを開設したきっかけです。

正直言うと、その報告のブログを見たときに思ったのが「クオリティーはめちゃくちゃ低くて、かつテレビの内容を丸パクリなブログだなぁ…」と思ったわけです。

でも、アクセスが稼げていることから、「ボクもやってみよう!」と思って始めたら、これが結構結果がすぐに出たんですよね。

 

この経験から需要のあるテーマを扱って、ある程度継続すれば当たる可能性があるということに気付いたんですよね。

 

好きよりも需要のあるテーマを扱う

ブログで稼ぎたいなら”好きよりも需要のあるテーマを選ぶ”べきです

というのも、個人で世の中の需要を見出すよりも、流れに乗る方が楽だからです。

 

ある程度の需要が約束されたテーマで、Googleの検索表示で上位を1ワードでも獲得できれば、まぁまぁアクセスを集めることができる可能性が高いです。

 

でも、このやり方で難しいのが”好きでもないことで記事を書き続けないといけない”というのがなかなかツラく、継続ができないんですよね。

 

なので、”好きになれそうな需要のあるテーマを探す”をブログを始める前に徹底してみるといいかもしれませんね。

 

テーマに統一性を持たせる

 

上では”需要のあるテーマを扱う”という書きました。

「そのテーマでキーワードを絞って、記事を書き続ける」といったブログ内のテーマを統一性を持たせると、そのテーマでGoogle検索で上位表示されやすくなると経験から学びました。

※途轍もなく当たり前のことで、途轍もなく難しいことを言っています。

 

キーワードで絞っていく

ブログは”対象のテーマに対して、どれだけコンテンツが集まっているか”みたいなところがあるかと思います。

※もちろん、ブログの継続期間や優秀なブログからの外部リンクなどの他の要素も絡んでくると思いますが…。

 

そして、重要なのが”特定のキーワードを狙って記事を書き続ける”とブログ内でそのテーマの内容が濃くなっていき、Googleからの評価が得られるようになってくるかと思います。

 

例えば!

『フリーランス』のテーマを扱うなら、絶対に『フリーランス』というキーワードを題名に入れるようにするといった感じです。

あらかたキーワードを狙い終わったら、次に『フリーランス+〇〇』のようにより具体的な内容で記事を書いていくといった感じしていくと、いつしかその分野を独占できるのではないかと思います。

 

雑記ブログでもテーマを絞るべき

ブロガーさんの方の中には「特定の内容だけを扱うのは難しい…」ということで、複数のテーマを扱う『雑記ブログ』の方もいらっしゃるかと思います。

※本ブログも雑記ブログです。

 

そういう雑記ブログの場合は”テーマを広げすぎない”ようにすると良いかと思います。

 

ボクのブログも初めはあちこちテーマが変わっていました。

でも、記事を書きながら方向性を固めていき、3,4個のテーマを中心に記事を書くようにしたら、徐々にその分野でアクセスが稼げるようになりました。

 

複数の分野を書いていくと、それぞれの分野で薄くなってしまい、どの分野でも結果が出せない状況になってしまうことがあります。

なので、今自分が運営しているブログが「なんのブログだか分からない…」という方は、テーマを絞って記事を書いていくと徐々にアクセスが集まっていくようになるかと思います。

 

世間が認識しているキーワードを使って記事を書く【重要】

 

ここではボクが本ブログを運営してきて学んだ気づきについて書いていきます。

それは”認知度の高いワードで記事を書く”でして、これは間違いなく重要です。

 

マイナーすぎるテーマは検索されません

人がググるときって『 (知りたい対象) + (気になること) 』かと思います。

※例えば、『(芸能人)+ 交際 』みたいな感じですね。

 

ボクもブログを始めたばかりの頃もそうでしたが、アクセスを稼げないブログはもしかしたら『知りたい対象』が具体的でなかったりするのではないでしょうか?

 

また、極端に需要の低い『知りたい対象』はそもそもアクセスは見込めません

 

なので、記事の内容的にユーザーの『知りたい対象』を明確にしておくことが大切なわけです。

 

必ず認知度の高いワードでアクセスを狙う

上の続きですが、アクセスが欲しいのなら記事を題名には必ず知名度の高いワードを入れておくようにすべきだといえます。

『芸能人の名前』や『作品の名前』、特に物販の場合は『商品の名称』なんかで記事を書き続けると収益が挙げやすくなるかもしれません。

 

多くの人が認識しているキーワードで記事を書いていくことがアクセスを集める一歩に繋がるかと思います。

 

スポンサーリンク


ブログは結果が出るまで更新し続ける【絶対条件】

 

「オレのセンスがあれば、ブログですぐに結果が出せる!」と考えている方もいるかと思います。

でも、例外もあるでしょうが、「ブログで結果がすぐに出せる」は大間違いです。

 

基本的にほとんどの方のブログ運営はうまくいくまでは、割に合わない作業になるかと思います。

これは現在、月に何百万円も稼いでいるようなブロガーさん方が言っているので間違いないかと思います。

 

そして、そんなブロガーとして結果を出されている人に共通していることは…。

”結果がでるまで試行錯誤しながら、継続していく”

だと思います。

 

なので、『更新して、断念して、また更新し始めて…』といった繰り返しでも良いと思うので、とにかく結果が出るまで頑張ることがブログで成功する絶対条件だと思います。

 

ぜひ、ブログで結果を出せるように頑張りましょう!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント